返戻金の生じる生命保険に加入している場合や、

返戻金の生じる生命保険に加入している場合や、個人年金保険などに入っている場合は、もしかすると債務整理で解約しなければいけないかもしれません。具体的にいうと自己破産の場合は、解約返戻金が20万円を超える保険は解約し、債務の返済にあてなければいけません。
また、個人再生に際しては原則として解約する必要はないものの、裁判所への資産報告のひとつとして解約返戻金証明書を提出しなければいけませんから、返戻額が大きいほど返済金額に反映されます。

 

そして任意整理ですが、この場合は解約の必要はないですし、返済額に影響することもありません。
借金に際して保証人を頼んでいる場合は、債務整理の影響を保証人も受けることになります。

 

 

どうやって債務整理をしたかでその影響はそれぞれで、任意整理や特定調停の場合には書類の記入をしてもらうことにはなるものの、請求先が保証人になる事はありません。

 

ですが、個人再生や自己破産では、債権者から保証人への直接の請求が可能となることから、借入金の全ての支払いを保証人が肩代わりしなければなりません。

 

任意整理はもちろん、裁判所を通す自己破産や個人再生の場合も、法務事務所(法律事務所)に依頼するとすぐに手続きが始まります。
作業はどんどん進み、債務者本人がもし取りやめにしてほしいと言っても、一度進めてしまった手続きをストップしようとして簡単にできるものではありません。まして自己破産などは裁判所に申立を行ったあとでは取消しが効きませんから注意が必要です。債務整理の結果は重大ですので安易に考えず、よく検討の上で手続きを開始しましょう。
無事に債務整理が済んだ後ですが、JICCやCICなどの信用情報機関に登録されます。一般的に言う「ブラックリスト」に名前が載ってしまいますから、債務整理後、しばらくの期間は各種ローンの審査に通過することが困難になると知っておいてください。
債務整理の場合、情報が消えるまでだいたい5年はかかってしまうでしょう。
一般的に債務整理を行う単位は個人ですから、プラスとマイナスの影響も本人に対してだけで配偶者や家族にはそれほど及びません。
ですが、例外のケースもあり、債務整理をした人の妻が専業主婦の場合、クレジットカードが使えなくなることがあります。

 

と言うのは、夫の支払い能力を基にクレジットカードの審査がなされるからです。

 

それから、新しくカードを作りたいと思っている家族がいても、同じ住所に住んでいると審査に通らないこともありえます。
借金を重ね、金額が膨らんでしまって任意整理をすることになった場合、また新しく借り入れをしようとしたり、クレジットカードを作成しようとしても、情報が信用機関に残ってしまうため、審査を通ることは出来ず、数年程度はそのようなことを行えないのです。

 

借金をすることが癖になった方には、すごく厳しい生活となるでしょう。
全ての借金がなくなるのが自己破産の制度となるのです。

 

借金で悩んでいる方には喜ばしい助けの手ですよね。

 

ですが、当然メリットだけではありません。当然、デメリットもあります。家や車というような財産は全て放棄しなければなりません。

 

 

 

また、おおよそ10年間ほどはブラックリストというものに載る為、新しく借り入れることは、できなくなります。
延滞を繰り返すと債権者から督促を受けるようになりますが、そこで借金の額を減らす「債務整理」を行えば、弁護士等から借入先あてに「債務整理の依頼を請け負いました」という内容の書状が送られると、そのような行為はなくなります。しかし仮にその期間中、連絡や督促を受けたら、担当する弁護士に即、その旨を伝えるようにしましょう。自身が対応する必要はないですし、何かしようと思ってはいけません。